骨盤矯正は妊娠中に行うと効果あるの?

骨盤矯正は妊娠中に効果はあるの?

妊娠中骨盤矯正

妊娠中に骨盤矯正を行うことは効果があるのでしょうか?特に妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるので、臨月に向かうまである意味体重が増え続けます。体重が増え続けますが、体重でも大切なのが位置の関係になります。全体の体重を落とそうとする場合がダイエットには多いですが、赤ちゃんがいる場合には、お腹の子宮の位置の部分の重量が増加していきます。

 

 

 

子宮の重みで足腰に負担がかかりやすい?

そのため子宮の重みが増してくるから骨盤や腰椎などを含めた足腰に負担がかかってきます。そのため骨盤のゆがみも出やすい時期でもあるんですよね。産後の際に太りやすいのも産道が開くことに加えて妊娠中に赤ちゃんがお腹の中にいることで骨盤周りの負担の増加というのも考えられます。

 

骨盤の歪みは姿勢や重心などバランスに関係している

骨盤の歪みは姿勢との関係も深いため妊娠中は普段と知らない間に重心を含めた姿勢の変化が伴いやすいです。そのため定期的に妊娠中でも骨盤の歪み等の解消をしていくと良いでしょう。妊娠中に限らず骨盤矯正を行うことで歪みを取るのももちろん効果的でもあるのですが、一番なのは右足や左足など重心の変異が戻るというのが効果的でもあるんです。

 

 

妊娠中の姿勢や骨盤の歪み

妊娠中姿勢

重心とかの位置関係に変異があると体のバランスが崩れてきます。妊娠することで今までのバランスが変わるので、良いも悪いも骨盤を整えることをお勧めします。骨盤矯正の方法はいろいろあります。

 

自宅でゆっくり骨盤矯正するタイプ

妊娠中は自宅でゆっくり骨盤矯正

自分でセルフで行うタイプは強制的に矯正していくわけではないので、基本的にはゆっくりとした歪みの解消に繋がります。ゆっくり解消していくという事はそれほど体に負担がかからないということです。しかし自分で行う場合にはデメリットとして効果があるかどうかが分かりにくいことや正しい方法で行わないと効果がでにくいということです。

 

施術所などで骨盤矯正するタイプ

施術所で行う場合には強制的に行う方法などその日の内に一回骨盤の状態がリセットされる状態の方法があります。アジャストメントしていくカイロプラクティックなどがあります。この場合には、好き嫌いや相性の問題があるため何とも言えませんが、基本的には強制的な骨盤矯正は可能であるといえます。

 

 

 

施術所で行う骨盤矯正の方法

骨盤矯正方法

ただ個人な面で妊娠中はちょっと?や妊娠中でも平気という風に色々考えがあるので、骨盤矯正の方法はいろいろありますので、その中で禁止となる例に妊娠中となければ基本的には安心できます。施術所で行うタイプとしてマッサージや鍼灸、カイロプラクティックなど方法は多種多様になっています。

 

妊娠していない方でも骨盤ダイエットは人気

妊娠していない方を含めて骨盤ダイエットを行いながら骨盤の歪みを取って健康的にも美容的にも痩せていきたい方にも骨盤矯正は人気です。骨盤矯正だけを単独で行っても効果的ですし、ウォーキングなどを組み合わせてもより姿勢が良い状態や身体がスムーズに動かせる状態で運動が行えます。

 

 

妊娠の前から行う骨盤矯正

妊娠骨盤

エネルギー消費もよりスムーズで健康的です。そうすることで通常の妊娠もしやすくなります。また妊娠初期のころなどは運動もある程度軽めに行うと良いで、組み合わせて行うと産後太りの影響も少なくなるかもしれません。妊娠中は便秘も起きやすいので便秘に良いお茶であればセンナ不使用のキャンドルブッシュお茶が効果的かもしれません。

骨盤の歪みと骨盤矯正を踏まえた不妊症との関連情報です。

骨盤を矯正することで便秘解消効果期待できますが、主な便秘を中心とした記事です。

内臓下垂では骨盤の歪みが関係しているので骨盤矯正は効果的です。

骨盤矯正と妊娠中に関連するサイトマップです。