内臓が下垂する事での便秘への影響は?

内臓が下垂するとどうなの?

内臓が下垂するというと結構大変なような気がしますが、内臓自体が下に少し下がるという事で胃下垂などが当たります。胃下垂とかになると食事の量が減ったりしますが、内臓下垂で便秘や肩こり、骨盤の歪みと関係している面もあります。

 

この中で骨盤帯に直接関係するのは便秘と骨盤の歪みになりますよね。内臓下垂の場合には全体的な位置が下がるという場合に、下の方にある臓器が圧迫されやすい傾向にあるようです。

 

そのため膀胱とかでしたら頻尿とか問題になってくる場合もあるかもしれません。

 

また胃下垂の場合には、腸に影響が出やすいため腸の動きも悪くなりがちで便秘と関係しやすい場合もあるようです。このような時は腸の動きを良くしてあげることでお腹の中のエネルギーを増やしてあげるというのも大事なんだそうです。

 

 

 

内臓下垂と食事について

内臓下垂の場合には下の方に臓器が位置してしまうためある意味元の位置まで持ち上げてあげる必要がありますよね。

 

そうすると食事では改善しにくい場合もありますが、血液循環の悪化や冷えなども関係しているので消化した際にエネルギーが増える食事をしていくと良いのかもしれません。

 

内臓を支えているのも小さな筋肉のため小さな筋肉の動きを良くしていくというのが骨盤の歪みを解消しながらスタイルも良くなるのかもしれません。

 

 

 

内臓下垂と肝臓

便秘にも大きく関係している肝臓ですが、内臓下垂の場合でも内臓の働きでも多くの役割を果たしている肝臓にも影響が出てくると考えられます。

 

アルコールなどで疲れた肝臓はやはりエネルギーが出にくくなっています。肝臓は主に多くの熱を発生するので、内臓下垂の際は肝臓の機能をより高めるようにしていくと良いのかもしれませんね。

 

 

 

肝臓の働きを高める食べ物は?

肝臓にはアルコールを分解する際に必要な亜鉛などありますが、やはり昔から愛用されているしじみとか効果的なのかもしれません。シジミ自体に二日酔いを醒ます役割もあるようなので、しじみを使った食品に加えて生姜など体全体がポカポカするような食品を食べると良いのかもしれません。

 

食品がうまく取れない場合には、サプリを活用すると良いのですが、シジミサプリには色々な成分がプラスしてある場合もあるので、しじみサプリランキングとかをチェックしてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

しじみは栄養満点です

しじみは栄養バランスが良く貝類はどちらかというと魚介系ですが、主に身体を作る栄養は魚類に多く、貝類は円滑機能系です。しじみは微量な栄養素など結構多くて出汁としても出てくるので食欲がない時でもお味噌汁としても飲んでも栄養が良いです。価格も安く栄養満点なのはありがたいですね。

骨盤の左右差による歪みなど不妊症との関連性などを考えた記事です。

便通を改善するために必要な便秘関連の記事です。

内臓下垂の情報もあるサイトマップです。